小玉歩 と 鈴木英広 の 出会い

私と小玉歩さんとの最初の出会いは、

私がサラリーマンだった2011年7月に
小玉さんが輸入ビジネスの権威 船原徹雄さんと
共著で出されたネットショップ用の教材『マネートラップ』を購入したときでした。

このとき既に私は副業で輸出入ビジネスをスタートして半年ほど経った頃で、
最高で月に数十万程度の成果を上げていました。

小玉さんについては、輸入のネットショップを運営して成果を上げている
キャノンに勤める会社員という印象でした。

その後、小玉さんのメルマガを購読し、彼の動向は常にチェックし始めました。

理由は私と同じように東証一部上場企業に勤めながら、
私以上に成果を上げていたからです。

そんな中、2011年11月、彼は副業が会社にばれてクビになってしまいました。

2012年1月、船原徹雄さん主催の輸出入ビジネス新年会で
直接お会いする機会に恵まれました。

このときが小玉さんとお会いした初めてのときです。

私が11月までの小玉さんと同じように
会社に勤めながら副業としてビジネスに取り組んでいると話すと、
「会社なんて辞めちゃえばいいんですよー」 と元気よくおっしゃったのを
今でも覚えています。

事実、この小玉さんからいただいた言葉通り、

週明け会社に出社した私は、上司に会社を退職したいと申し出ました。

その後、2012年3月末をもって、私は会社を退職し、
起業家としての人生を歩み始めました。

この時、私は物販のみで月商で300万円を超え、
月の利益は全体で150万円ほどになっていました。

それから少し間が開きます。

数か月後の2012年9月。
小玉さんの処女作となる『クビでも年収1億円』が出版されました。

そして、全国で出版講演会が開催されることを知りました。

幸いなことに、私の拠点である名古屋でも開催があり、
インターネットビジネス界においては
与沢翼さんと1、2位を争うほど有名になっていたこともあり
開催を知った瞬間、講演会出席に申し込みをしました。

講演会には様々なランクの席が用意されていましたが、
1番高額なプラチナVIP席の特典として、

・懇親会1次会、2次会参加権
・一緒に写真撮影可、広告として自社メディアでの利用可

というものがありました。

一緒に写真を撮影することで、
自分のブランディングに少しでも役立つかもしれない

懇親会でいまインターネット界で最も稼いでいる人と直接話すことで
今後のビジネスに大きな変化が出るかもしれないと思い、

10万円という高額な席ではありましたが、
私はプラチナVIP席での参加を決意しました。

そして、実際に講演会の休憩中、懇親会でお話しし、
人生を変える瞬間はここしかないと考え、

現金一括で外車が購入できるような彼の6か月間のコンサルティングサービスに
その日その懇親会会場で申込をしました。

P1000003 - コピー
私にとっては今までの人生において、1番高い買い物です。

今ではそれから8か月以上経ちますが、
それ以上の買い物をしたことはありません。

その後、実際に小玉さんのコンサルティングがスタートし、
腹を括った私は、たった10日で利益700万円を達成し、
最高月収は850万を超えを記録しました。

彼との出会いから今に至るまでについては、
これ以上こちらでは詳細は明かしません。

いまだかつて誰にも語ることのなかった彼との出会いから今に至るまでは
「フロントラインマーケティング2013」を
私から購入いただいた方への特典のためだけに
特別収録しています。

ここ以外では世の中に出回ることは一切ありません。

購入者限定特典はこちらをクリック

購入者限定特典

鈴木英広経由でご購入いただいた全ての方に、
こちらの全ての特典を
もれなく無料プレゼントさせていただきます。


point8_9【特典1】小玉歩さん主催月1回シークレット勉強会内容を公開(300万円相当)
point8_9【特典2】鈴木英広が小玉歩さんから学んだメソッド音声(39万円相当)
point8_9【特典3】鈴木英広経由購入者限定90日サポート&セミナーへ無料招待(15万円相当)
point8_9【特典4】鈴木英広コンサルティング1時間受講権(4万円相当)
point8_9【特典5】小玉歩さん マーケティングがしょぼい業界で稼ぐ方法 動画(33分43秒)
point8_9【特典6】小玉歩さん マネートラップ 解説動画(56分14秒)
point8_9【特典7】小玉歩さん 『クビでも年収1億円』出版記念講演会 動画(1時間14分30秒)

 鈴木英広からの特典つき
フロントラインマーケティング2013のご購入は
こちらをクリック



 まずは、特典の詳細を知りたい方はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木英広公式メールマガジン


メールアドレス(必須)

コメントを残す